副作用に気を付けよう|避妊に失敗した!そんな時はアフターピルのアイピルを服用しよう

避妊に失敗した!そんな時はアフターピルのアイピルを服用しよう

赤と白のカプセル

副作用に気を付けよう

アイピルのようなアフターピルは服用することにより、体内のホルモンバランスを変化させる効果があります。
その為、服用した際にホルモンバランスの変化による副作用などが起こる可能性もあります。

アフターピルを服用した際に起こり得る副作用の中でも多くの人が発症する物に「胃のむかつき、不快感、吐き気、嘔吐」という物が存在しています。
これらの症状というのは通常の避妊に使用される低用量ピルと呼ばれる物を服用した際にも起こり得るものですが、含有成分はアフターピルの方が多い為、低用量ピルよりも副作用の発症率が高くなっている、と言われています。
また、この副作用の中でも特に注意する必要があるものに「嘔吐」という副作用があります。
この症状自体に危険があるわけではありませんが、服用してあまり時間をおかずに嘔吐してしまった場合、体内にアフターピルの成分が吸収される前に胃液と一緒に吐き出されてしまう場合があります。
もし吐き出してしまった場合、そのままにしていると避妊効果がなくなってしまう為、もし嘔吐してしまった場合は産婦人科に行き、再度アフターピルを服用する必要があるかなどを調べてもらい、服用する必要があった場合は処方してもらうようにしましょう。

また、アフターピルの中でもアイピルはこれらの副作用の発症確立を下げて作られています。
その為、服用することによって体調の変化や副作用が起こる確率も低くなっているので、副作用を恐れずに服用するようにしましょう。
また、服用後先述のような副作用の症状ではないけれども、何か体がおかしいと思った際は我慢せず、速やかに産婦人科に行って診察を受けるようにしましょう。